社員教育はいつやっている?週末?それとも定時後?

拘束時間における対価は必要

社員教育を行うのは定時後や週末など様々な時間帯などが挙げられるでしょうが、そのような場合においても拘束するからには拘束に応じたお金を支払わなければいけません。なぜならばモチベーションが下がってしまうため、社員教育に身が入らない可能性があるからです。できる事であれば、就業時間内に行うのが好ましいと言えるかもしれません。
社員教育してやると言った気持ちがある経営者は、それを当然就業時間外にやると検討する場合もあるでしょうが、基本的に社員はお金のために仕事を行っています。そのため、お金にならない時間は真面目に話を聞かない可能性もあると言えますので、社員教育を成功させたいのであれば就業時間内に行いましょう。

社員教育は生産性を上げるために

会社が社員教育を行うのは、生産性を上げるためである場合も含まれるのではないでしょうか。社会人としてのマナーから業界の知識など、様々な業種によって内容は異なるかもしれませんが、例えば社員は経営者と同じ目線になる事は難しいと言えますので、経営者意識を一人一人に持って欲しいなどと言った教育は逆効果になる場合があるかもしれません。
社員教育時に真面目に聞く一つの方法としては、メリットを提示することが大事な事の一つと言えます。会社のために犠牲になる精神はそんなに通用しない世の中と言え、メリットがないと動かない方もいらっしゃるでしょう。まずは、何をするにもメリットを提示してあげる事でモチベーションを上げていけると言えるかもしれません。